母なる海が育んだ神秘「宝石珊瑚」の魅力と美しさをいつまでも 
|珊瑚の分類珊瑚の成長人と珊瑚採取方法採取場所育成・保護

 ◆西太平洋
宝石珊瑚の採取は、主に日本近海を含む西太平洋と地中海で行われています。宝石珊瑚の分布としては、日本近海では東京都の八丈島から小笠原諸島の島嶼部、紀州沖、土佐沖、南九州の沖合い周辺、五島列島、琉球列島と伸びていますが、現在は主に室戸・足摺沖、奄美大島・種子島周辺、沖縄・宮古周辺で採取が行われています。また、西太平洋における宝石珊瑚の生息域は、台湾の周辺から香港沖、海南島からベトナムの沖合い、そしてインドネシアの広大な海域へと伸びています。
 
◆地中海
地中海の宝石珊瑚(<サルジ>とか<胡渡り(こわたり)>と呼びます)は人が潜って採れるほど浅い海に生息し、地中海の沿岸部で広く採取されているようです。

サイトマップ個人情報保護法お問合せ
Japanese coral association / All Rights Reserved